2008年 07月 29日 ( 1 )

2008年 07月 29日
離農
隣のおじさんがトラクターとコンバインを廃品回収業者に売ってしまいました。
両方で3万円だったとのことです。
今年は腰を痛めて手術をしたので、自分の田圃を耕作委託しており、回復したら又自分で再開するものばかりと思っていました。
トラクターの調子が悪いことは聞いていたので、新規の投資負担に価値を見ず、検討の結果の判断でしょう。
大半の農業者が儲からないとわかっていても、ずるずると他からの資金(サラリーマンの収入、年寄りの年金など)をつぎ込んで農業を続けていることを考えると、潔い判断だと思われます。
後継者がいないことも多分に影響していることと思われますが・・・。
10年後の農業は”確実に”この状態が増加しているものと思われます。
d0103199_23343726.jpg


D200 Nikon60mm MICRO
[PR]

by liuxin1952 | 2008-07-29 23:35 | 雑記